持続可能な社会システムを構築するプロセスシステム開発

内容

当研究室では, 次世代に繋がる持続可能な社会システムを構築するため創・省エネルギー機能を有する産業プロセスの設計,新しいエネルギー源の利活用,それらを支える材料開発および社会実装について,マルチな時空間スケールを対象にモデルと実験によりソシオテクノアプローチによる研究開発を行っています。

最近では,水素社会構築のため再生可能エネルギーに着目し,反応分離プロセス,熱利用プロセスの開発をこなっており,特にそのプロセスを構成する材料(触媒粒子構造体など)の機能を最大化するための形態の解明と,その材料の特性を最大化するためのプロセス構造を同時に明らかにするという学理の構築を目指しています。

また,ナノ粒子やナノ空孔などに代表されるミクロ的な特性を有する材料を用いた膜分離プロセス等における現象の解明に関する知見とマクロなプロセス合成(プロセス設計)を結びつける,新しい化学工学的方法論を実験やシミュレーションを通して模索しています。

さらに,包括的な環境・エネルギーに関する工学的な成果の社会実装やシナリオ構築に関する社会科学的な研究も行っています。

研究キーワード

化学工学,プロセス工学,熱・物質移動, エネルギー,非線形現象, 分離プロセス,反応分離,インテグレーション,モデリング&シミュレーション,社会システム,イノベーション,マネジメント

>>一部の研究紹介はこちらから